ドライオーガズム

かわいい口

そうして前立腺の刺激を続けていくと、男性は射精をせず、オーガズムに達することができます。
これが、ドライオーガズムと呼ばれるものです。
ただし、一回目の前立腺マッサージでドライオーガズムに達することができる人はあまりいませんので、何度も繰り返し調教してもらう必要があります。なので、普通こういったサービスを紹介する時は「一度体験してみてください」なんて書くものですが、前立腺マッサージに関しては、「何度も挑戦してみてください」と書きましょう。

そしてこのドライオーガズムですが、女性が達することのできるオーガズムとよく似ていると言われています。
どう似ているのかというと、まず気持ちよさ、そして継続性です。
ドライオーガズムの快感は、射精なんか比べ物にならず、頭真っ白になってしまうレベルのものです。つまり、AVで女の子がイくシーンを見ることができますが、あんな状態に男性でもなってしまうということです。
そして、女性は秘部の刺激を続けることにより何度でもオーガズムの状態に戻ってくることができますが、ドライオーガズムも同様なのです。これが射精とは違う点です。

回春マッサージでは、この最高に気持ちのいいドライオーガズムを経験することができるわけです。
そしてさらに、お店によっては、アナルプレイ用の器具であるエネマグラ、あるいは男性のペニスに見立てたペニスバンドを使用して犯してくれるところもあります。
指だけでも凄まじい快感のある前立腺マッサージですが、これらの器具を使うと、これまた違った、そしてさらなる快感を味わうことができるでしょう。

プレイの方法

ロングヘアー

前立腺マッサージはアナルプレイだからといって、怖がることはありません。
回春マッサージでは医療用の使い捨て指サックを使用するので衛生面でも気をつけられており、またアナルプレイは痛みを伴うイメージがあるのですが、回春マッサージは男性に気持ちよくなってもらう風俗、女の子はお尻のケアに最大限気を配ってくれます。

前立腺マッサージは、四つん這いの体勢で行われることが多いです。他には仰向けから両足を高く上げた格好がありますが、どれも恥ずかしい格好であり、しかしだからこそそれを興奮に変えることができます。

ゼリーを使って肛門付近の筋肉を十分に弛緩させてから、前立腺マッサージの開始です。
指をお尻にゆっくりと挿入していきます。たっぷりローションを使って痛くないように気をつけますが、それでも痛い人もいます。その場合は、とにかくお尻から力を抜きましょう。
そして、ゆっくり出し入れしながら、やがて指が全部お尻の中に収まります。独特の異物感で、この時点ですでにかなり気持ちがいいはずです。ただ、人によって気持ちいいポイントや苦しいポイントが違いますので、女の子にちゃんと知らせましょう。

指が全部入ったら、いよいよ本番である前立腺のマッサージが始まります。
指をお腹側にくいくいと曲げ、腸壁を刺激すると、なんとも言えない快感が襲ってくるでしょう。脳の思考力もだんだん奪われていくはずです。

前立腺とは

金髪

回春マッサージのお店で選択することのできる前立腺マッサージですが、では、前立腺とはどのようなものか、というのを簡単に説明します。

前立腺は男性にしかない性器で、体の中の下半身、膀胱のすぐ下に位置しています。
器官として前立腺にどんな役割があるのかというと、精液の生成に一役買っていることは分かっているのですが、それ以外についてはほとんど分かっていない未知の器官です。
ただ分かっているのは、これを刺激することにより、極上すぎる快感を得ることができる、ということです。

膀胱のすぐ下というと体内にあるということになり、これをどうやって刺激するのかというと、お尻の穴から指を突っ込んでお腹側の腸壁を刺激すると、そこに前立腺があります。
つまり、前立腺マッサージとはアナルプレイのことを言うのです。